コンプレックスを無くして生まれ変われる手術

サイトメニュー

一重がコンプレックスなら

顔に触れる女性

明るい未来が開けるかもしれない

分厚い一重まぶたにコンプレックスを抱く人は少なくありません。元々日本に住んでいたのは二重まぶたの縄文人でしたが、一重まぶたの弥生人が途中で移り住んできたために、現在は両方のタイプがいます。弥生人も元来は二重の人種でした。しかし、氷河期を迎えたときに凍結から身を守るためにまぶたに脂肪を貯え、凹凸の少ない顔立ちに変化させたと言われています。現代では暖房設備が整っており、凍結から顔を守る必要はありません。コンプレックスを抱き、自分の顔が気に入らないまま生きていくのはもったいないことだと言えます。二重整形手術を受けることで、より良い人生が歩める可能性があります。整形方法は切開法と埋没法に大別でき、後者のほうが一般的に費用が安いです。切開法はさらに全切開と部分切開に分けられ、近年は蒙古ひだをなくす目頭切開や眼の幅を広げる目尻切開など、様々な方法が生み出されています。元々二重でも、眼を大きくしたいという希望も叶うということです。埋没法にしても取れにくい方法が考案され続けており、選択肢は増える一方です。費用対効果を考えて方法を選ぶと良いです。
二重にすると顔つきが優しく見えるなど、外見のメリットは大きいです。就職時などに恩恵が受けられる可能性もゼロではありません。芸能人の多くが何かしらの美容整形を受けているとも言われており、一部の芸能人がカミングアウトすることもあって、世間の美容整形に対する抵抗感は薄れてきました。体験談をネットで公開する一般人もいるため、施術したことを隠さない風潮は広がりつつあるのかもしれません。プチ整形と呼ばれる施術の種類は増加傾向にありますが、その走りと言えるのが二重を作る埋没法です。メスを入れることなく二重になれるという手軽さと費用の安さで、人気を集めてきました。施術を受けるのは若い女性だけでなく、男性や加齢により二重のラインが崩れてきた中高年女性も見られます。切開法のようにダウンタイムが長くなく、費用が高くないのがメリットです。また、万が一気に入らなくなった場合や、元に戻さなければいけない状況になった場合でも、糸を取れば基本的に元通りとなります。この点が最も安心感を生み出しているのかもしれません。

Copyright© 2019 コンプレックスを無くして生まれ変われる手術 All Rights Reserved.